中小企業診断士合格のための講座取得マニュアル

サイトマップ

あなたのニーズに沿った合格するための中小企業診断士講座の選び方 あなたのニーズに沿った合格するための中小企業診断士講座の選び方

ポイントは効率と質と、やっぱりコスト

ビジネスマンから注目を集める中小企業診断士は、その合格率が1次2次あわせて4%と超難関です。資格取得の正道は、資格機関の中小企業診断士協会が提供する「過去問」を徹底的に解くことですが、頻出傾向を見抜くなどの合格への慧眼がない点で、やはり独学には限界があります。
特に、仕事をしながら合格を目指す場合、効率的な学習方法を見つけることが最重要となります。通信講座は進化を続けており、今では独学の「費用」と通学の「質」をいいとこ取りしたものがあるのです。

中小企業診断士の講座を比較

当サイトでおすすめするのは、以下の3項目を満たした中小企業診断士講座です。
忙しいビジネスマン向けに自分のペースで学習できる通信教育
空き時間に学べるスマホ授業あり
申し込み前に無料のお試し講座を受けられる
割引キャンペーン価格は一過性のものとして、価格に反映しておりませんが、時期によってはお得に受講できます。なお、通信教育の場合、合格実績が出しにくい(資格の専門学校のように卒業生と顔を合わせる機会がない)ため、記載しておりません。

診断士ゼミナール
コース名 1次2次プレミアム
フルコース
解説付き
年次別過去問
6年分
映像講座
収録時間
270時間
延長保証 無料で3
質問 回数無制限
合格お祝い金 3年以内に合格で3万円
価格 54,800

診断士ゼミナール
で申し込む

STUDYing(通勤講座)
コース名 1次2次
コンプリートコース
解説付き
年次別過去問
抜粋版のみ
映像講座時間 130時間
延長保証 なし
質問 オプション
合格お祝い金 当年度合格で1万円
価格 79,800

通勤講座
で申し込む

中小企業診断士を
受けるための勉強法は?

中小企業診断士の勉強法の中でも特に重要なのが過去問を徹底的にやり込むことと、日々のスキマ時間を有効活用して効率的に勉強することです。
中小企業診断士試験は学習範囲が広い分、すべてを覚えようとするのではなく、要点を押さえることが合格へのポイントです。

過去問は頻出傾向を把握するための重要ポイント

過去問は資格の運営者側から提供される唯一の問題集
中小企業診断士の資格制度を運営するのは中小企業診断協会で、そこが出している唯一の問題集が過去問です。
過去問を学ぶことがインプットにもなり、出題傾向を知ることにもつながるため、過去問を徹底的にやり込む必要があるわけです。
実際、質問方法を変えるなどして、似たような出題がされるケースも多く、これは重要点であることを意味します。
「年次別」と「論点別」の過去問を使い分けるべし
中小企業診断士の過去問にも様々な種類がありますが、その中でも一番おすすめなのがやはり「年次別」のもの。自分はどの科目でつまずくのか、所要時間から弱点がハッキリと分かるわけです。
また、「論点別」の過去問はインプットとしてより理解を深めるのに効果があり、「一問一答形式」ならスキマ時間の学習時、区切りよく学習するのに適していたりします。

通勤時などスキマ時間を有効活用して勉強時間を確保

多忙なビジネスマンにとって通勤時間こそ勉強すべし
中小企業診断士試験合格のための勉強時間は「800~1,200時間」といわれ、デイリーでは2時間以上となり、これは多忙なビジネスマンにとって容易に捻出できるものではありません。
その点で、効率的に勉強するには過去問を使ったインプットを通勤時間に実践するのが有効です。過去問を両面コピーしてコンパクトな資料を作るなどがおすすめです。
音声教材ならより勉強時間の自由度がアップする
中小企業診断士講座の中には音声教材を採用しているところがあります。耳からのインプットでもしっかり学習効果があるように構成されているので、電車利用時だけでなく、徒歩移動や車通勤のケースでも勉強に充てることができるでしょう。
教材費を節約するなら、自分でテキストを読み上げて、それを音声教材にするのもありです。

中小企業診断士の勉強法について

中小企業診断士資格3つの勉強方法

中小企業診断士試験の勉強方法は3種類。通信教育、通学、独学です。
中小企業診断士試験に限らず勉強方法の向き不向きには個人差があるので、一概にどれがベストとはいえません。最終目標は資格を取得することです。当サイトでは進化した通信講座をおすすめしておりますが、3つの勉強方法にはそれぞれの特徴やメリット・デメリットがあるので、どれがどのような人に向いているのかを簡潔にまとめてみました。
ストレート合格を目指すなら、できるだけ効率的な学習計画を立てるのが基本。自分にマッチした勉強方法でなければ、ムダな努力になりかねないので注意してください。

通信教育

通信教育

自分のペースで勉強できて安価に済むのがメリット

通信教育の中小企業診断士講座が向いているのは、主に下記の3条件に合致する人です。
通信教育のメリットは、自分のペースで学習計画を立てられることや、通学よりも安価に済む点などが挙げられます。
また、通勤時間や待ち時間など日常のスキマ時間を有効活用できるスマホ授業を導入しているところもあり、多くの社会人の生活サイクルを考えれば、通信教育こそマッチする勉強方法といえます。
詳細ページでは6つのおすすめ中小企業診断士通信教育を紹介しています。

向いているのはこんな人

忙しい

価格を
抑えたい

社会人
(実務経験あり)

通信教育について詳細を見る

通学

通学

講師から直接指導や計画的に勉強できるのがメリット

通学の中小企業診断士講座が向いているのは、主に下記の4条件に合致する人です。
通学のメリットは、やはり専門性を持った講師から直接指導を受けることができる点にあります。自分の意思だけだと勉強がはかどらない人なら、まずは授業に出席することが大きな意味を持ちますし、スクールの学習計画にそって勉強を進められるのも通学ならではの特徴です。
詳細ページでは5つのおすすめ中小企業診断士通学スクールを紹介しています。

向いているのはこんな人

時間の余裕あり

お金の余裕あり

社会人経験なし

取得後の
フォローが欲しい

通学について詳細を見る

独学で合格するには

学習計画・教材集め・モチベーション維持が最低限必要

生活圏に中小企業診断士の資格スクールがなかったり、あっても仕事に追われて通学する余裕がない人だと、まずは独学へのチャレンジを考えるかもしれません。
その場合、自分自身で以下の3点をきっちりクリアする必要があります。
試験日程から逆算して十分に勉強できるような学習計画を立てる。
内容の質が高い教材を1次の7科目はじめ漏れなく見つけ出す。
途中で挫折することがないようにモチベーションアップの方法を持っておく。
中小企業診断士試験は学習範囲が広く合格率も低いので、これらが揃えば安心というより、スタートラインに着くための基本要件となります。

独学について詳細を見る

独学もそんなに安くない?

中小企業診断士を勉強する際にかかる費用は、通学20~30万、通信教育4~8万、独学4~5万ほどと言われており、通信教育と独学は費用面で大差がないことがわかる横棒グラフ

独学は教材買い足しも懸念され、通信教育の方が有利

資格スクールの通学講座だと20万~30万円の出費になるので独学にしようと考える人も少なくないでしょう。確かに、通学するのに比べれば独学が安価に済むのは間違いありませんが、それでも教材購入などで4万~5万円はかかるといわれています。
さらに、独学だと2次試験の模範解答がないため、教材の買い足しも避けづらく、想定より出費がかさむことも珍しくありません。
その点、最近の通信教育講座は全般的に安価な傾向があり、4万~8万円が相場。教材やサポートも含めて充実しているものもあるので、結果的に独学の方が高くつくこともあり得るわけです。


中小企業診断士合格のニーズ別選び方

どのような勉強方法が向いているかは個人差があり、計画や教材はちゃんとしたものであっても、個人事情に合っていなければ学習効果は低くなり、合格という結果に結びつかなくなるリスクがあります。
そこで、ここでは以下に挙げた4つのニーズ別に、よりベストな学習法を選ぶためのポイントを紹介していきます。それぞれメリットとデメリットともいえる要素、両面があるのは確かですが、無理なく中小企業診断士の勉強を持続させるためには必見のポイントです。

なにより短期間で
中小企業診断士を合格したい

中小企業診断士試験は1次2次を合わせた合格率が4%ともいわれる狭き門。それを短期間でクリアするとなると、独学は選択肢から外れます。時間と費用面の余裕があるなら予備校でスケジュールにそって勉強するのもいいでしょう。
ただし、仕事に追われるサラリーマンだと通信教育の方が自分のペースで時間調整できて、出費も抑えられるのでおすすめです。

仕事が忙しいなど時間が
捻出できない

仕事が忙しい人なら、まず予備校通いは非現実的。一方、独学だと思ったように知識が身につかず、結果的に合格が遠のくというリスクもあります。
その点、通信教育なら勉強時間は自分のスケジュールで調整できますし、今の教材は通勤時などスキマ時間に勉強できるものも揃っています。教材探しの手間を省けるなど、多忙な人向け勉強法といえます。

中小企業診断士取得にあまり
費用をかけられない

中小企業診断士になるには、まず受験料や実務補習受講料、診断士協会入会金の合計25万円が必要。これに、学習費用がプラスされるので、費用面が気になる人には予備校通いは無理。
学習費用相場は、独学は4万~5万円、通信教育は4万~8万円。独学だと教材を買い足さなくてはいけないこともあるので、通信教育の方が結果安価に済むかもしれません。

家の近くに中小企業診断士の
スクールがない

資格スクールの中には全国で中小企業診断士講座を開講しているところもあります。しかし、自分の生活圏内になければ、移動時間や交通費などの負荷が高くなり、現実的に予備校通いするのは無理。
その場合、通信教育でも動画講座があったり、質問回数無制限のサービスがあるところなら、スクールに近い感覚で勉強に励むことができます。

中小企業診断士合格のニーズ別スクール

通信教育の場合

診断士ゼミナール

トータル270時間と、ボリュームたっぷりの講義を受けることができる、診断士ゼミナール。
大手スクール並みに充実した講義内容でありながら、価格は54,800円と安価であることが最大の魅力です。
講義内容だけではなく、サポート面も非常に優れており、3年間受講延長無料制度や、5年分の過去問に対応。
1次試験、2次試験のみのコースもあるため、ポイントを絞って受講をしたい人にもおすすめです。

診断士ゼミナールの口コミ


「手頃な価格に惹かれて診断士ゼミナールを受講することに決めましたが、値段以上のクオリティの教材で大満足です。動画講義では内容解説にアニメーションを用いるなどの工夫がされていて、非常にわかりやすかったです。」
「リーズナブルに始められるのに、必要な内容がきちんと学べると感じます。3年間利用できる点もコスパがよく気に入っています。」

STUDYing(通勤講座)

STUDYing(通勤講座)は、テキストではなく、音声やビデオを中心とした講座であることが特徴です。
テキストを開く必要がないので、通勤電車のなかや、ちょっとした待ち時間など、シーンを選ばずに知識をインプットできます。
また、スマホやPCから練習問題を解くことができるので、インプットだけではなく、アウトプットも効率的に行えることが強み。
コースは、ミニマム・スタンダード・プレミアムの3種類があるため、自分のレベルに合ったコースを選択できますよ。

診断士ゼミナールの口コミ


「毎日通勤に1時間程度かかっているので、その時間を活用してSTUDYingで学習を進めました。音声を聞くだけでも勉強になるので車通勤の時でも学習ができますし、スマホから詳細なデータを見ることもできるため、スキマ時間を使った効率的な学習を行える点がよかったです。」
「働きながら効率的に学べる方法を探していました。通勤講座では、インプットに必要な資料がスマホですべて使えるためとても便利です。」

クレアール

18年分の過去問題を徹底分析しているクレアールでは、合格に必要な点数を確保するための、独自の学習法を確立しています。
また、インプットを9月〜12月に終わらせて、試験までの残りの時間はすべてアウトプットに費やすという、他社とは異なるカリキュラムを組んでいるのもクレアールのこだわり。
そのため、仕事が忙しくて勉強にかけられる時間が短いビジネスマンや、学習範囲が広すぎてどこから手をつけたらいいかわからないという方に人気を集めています。
1次試験、2次試験ともにストレート合格をすると、6万円の合格祝賀金がもらえるのも嬉しいポイントです。

クレアールの口コミ


「教材はテキストのボリュームが少なくて不安に思いましたが、過去問が驚くほど充実していて安心しました。テキストでポイントをインプットして過去問を繰り返し解くことで学習を定着させるスタイルの学習法で、テンポよく知識を広げていくことができましたよ。」
「過去問を解いていると、回答を覚えてしまい、本当に身についているかの判断が難しくなります。クレアールの問題集は理解しないと解けない問題なので、自分の理解度が正確に測れます。」

日本マンパワー

日本マンパワーの中小企業診断士講座は、実務をベースに生み出された実践的なカリキュラムとなっています。
テキストとDVD、二種類の教材で学習を行いますので、自分の理解度に合わせて、効果的な教材を選択することが可能。
さらに、WEB添削も実施しており、通信教育でありながらも、スピーディかつ充実した内容のサポートを受けることできますよ。
大手企業が運営している通信講座ということもあり、「信頼できる」と評判の通信講座です。

日本マンパワーの口コミ


「大手企業が運営している通信講座である点に信頼感を覚え、日本マンパワーを選びました。中小企業診断士として活躍されている方が講師を勤めているため、「自分もこんな風になりたい!」とモチベーションを高めつつ学習を行えました。」

フォーサイト

独自のeラーニングシステムで、スマホやPCから、いつでもどこでも学習を行えることが魅力のフォーサイト。
一歩ずつ、着実に知識を積み重ねていく「レベルアップカリキュラム」を取り入れているため、無理をせず、自分のペースで学習を行うことができます。
フォーサイトでは、しっかりと講義の内容をチェックできるように、無料の資料請求でも、DVDを含むサンプル教材を配布しています。そのため、利用者からは、「フォーサイトの講義と、自分の相性を確かめてから受講できた!」と、満足の声があがっています。

フォーサイトの口コミ


「地方在住で通学講座が少ないこともあり、通信講座の受講を検討していました。さまざまな講座の教材サンプルを見ましたが、フォーサイトの教材サンプルにはDVDまで付いていて、講座内容が自分に合っていることを確かめた上で申し込みできました。」

プロカレッジ

プロカレッジでは、中小企業診断士の受験指導に関する実績が豊富な、「TBC受験研究会」と提携した教材を使用。
また、プロカレッジは、日本初、経営コンサルタントが創立した「産業能率大学」が運営しています。
多くの実績を持っているふたつの組織が提携しているからこそ、要点を絞り、理解を深めるための工夫が散りばめられた学習内容に仕上がっています。
全国公開模擬試験も講座に含まれているため、DVDやテキストによる学習だけではなく、実践的な学習を行うこともできますよ。

プロカレッジの口コミ


「プロカレッジは教材がわかりやすいこと、練習問題を反復する学習スタイルで答案ミスを減らせることが魅力の通信講座だと思います。また、DVDを参考に無理なく効率的な学習計画を立てられたのもよかったです。」

TBC受験研究会

毎年、その年の出題傾向を予想してカリキュラムを改訂しているため、高い的中率を誇ると評判のTBC受験研究会。
基本は速修テキストと問題集による学習です。ただし、プロの講師陣による無料の講義動画や、スクーリング学習も用意されているため、学習をしていくなかで、自分に足りないと感じた部分だけを自由に補完できる仕組み。
価格設定も、テキストは一科目ごと、スクーリングは一回ごと、模試は試験ごと……といったように、細かく設定されているので、本当に自分が必要なものだけを揃えることができますよ。

TBC受験研究会の口コミ


「無料で閲覧可能な講義動画やスクーリング学習があり、コストパフォーマンスが高いと感じました。解答例はきちんと納得できるように論理立っていて、「これなら合格できそう!」と自信を持ちながら学習できました。」
「独立のために中小企業診断士を学び始めましたが、なかなか学習が進まず悩んでいました。TBCは論理的で、学習内容が頭に入りやすかったです。ここで学べてよかったです。」

JMAM

大原簿記学校との提携で、専門学校の講座内容を、通信教育で体験できることが魅力のJMAM。
限られた時間のなかで、確実に試験合格を勝ち取れるように、試験の要点を凝縮したテキストを使用しています。
また、講義動画はアプリでダウンロードが可能なため、好きなときに、スマホやタブレットからも講義動画を閲覧することができます。
場所を選ばず、自分の好きなときに、充実の講義を受けることができるので、効率的かつ自由な学習スタイルで合格を目指せるでしょう。

JMAMの口コミ


「若手社員の研修の一環としてJMAMの講座を取り入れています。教材は、実務でも活かせるレベルの内容をイラストも用いて解説されているため、社員からもわかりやすいと評判です。研修として講義を受けて終わりではなく、資格取得も目指せると感じています。」
「管理職教育にJAMの講座を取り入れています。細かいことまで書かれており、実際の業務に活かせるものばかり。教材を取り入れてからは、実際に管理職の仕事力が上がったと感じています。」

通学教育の場合

資格の学校TAC

資格取得を目指すための学校として有名なTACでは、質の高い講師陣による講義を受けることができます。
TACの講座は、全98回or全106回と、かなりボリューミーな内容であるため、じっくりと時間をかけて学習を行いたい人にはぴったり。
手続きなしでほかのクラスの講義へ振替出席できたり、その都度、受講校舎を選択することができるため、自分の都合に合わせて通学することが可能です。

資格の学校TACの口コミ


「講師の質が高く、さすが大手の資格学校だなという感じです。中小企業診断士の資格試験は、今までの人生で見ても一番勉強を行う必要がありましたが、学習に嫌気が指すことはなく、むしろ実務への興味を深めながら合格を目指せました。」

資格の大原

北海道から九州まで、全国に39校を構えている資格の大原では、大手ならではのサポート体制が充実しています。
全国の講師からのフィードバックを受けて編み出す「合格ノウハウ」の共有や、ガイダンスや講義を自宅から動画で体験できるなど。学習をスムーズにするための、無駄のないサポートを受けることができるのです。
学習ペースは週に2〜3回程度ですので、お仕事をしている方でも、比較的通いやすいのも魅力ですよ。

資格の大原の口コミ


「受講生に対するサポートが充実していたのが好印象でした。中小企業診断士資格試験の分野では競合校よりも知名度が低いようですが、私は大原で無事に試験合格をすることができましたし、個人的にはとてもいい学校だと思っています。」

LEC東京リーガルマインド

予想問題の的中率が高く、合格者数も毎年数千人排出するという、高い実力と豊富な実績を持っているLEC東京リーガルマインド。
学校で受ける講義だけではなく、スマホやタブレットから講義を見ることもできるため、時間を有効に活用して学習を進めることが可能。
平日昼間だけではなく、土日祝や夜間も開校していますので、忙しいビジネスマンでも、お仕事帰りや休日に通いやすいです。
また、早期申込や資格説明会予約による割引制度も充実しており、制度をうまく取り入れれば、コストを抑えて通学することができるでしょう。

LEC東京リーガルマインドの口コミ


「LEC東京リーガルマインドには講義の評判がいい先生が多く、実際にどの先生の講義を受けても質のいい講義だったと感じました。信頼できる先生のもとでしっかりと試験合格を目指せる学校だと思います。」

KECビジネススクール

少人数制の授業で、ただ「受ける」だけの授業ではなく、「考える」授業をコンセプトにしているKECビジネススクール。
個別学習サポートもあり、生徒ひとりひとりに合わせて、強みを伸ばし、弱点を克服させる学習システムを採用しています。
スタンダードな合格コース・パーフェクトコース・プレミアムコースと、三種類の内容を揃えています。そのため、短い時間のなかで合格を目指したい人にも、時間をかけてとことん学習したい人にもぴったりの学校ですよ。

KECビジネススクールの口コミ


「KECビジネススクールの講義を受け、中小企業診断士資格試験に合格することができました。単純に試験に合格するためだけの知識を身につけるのではなく、ビジネスの現場でも役に立つ実践的なスキルを得られたのもよかったです。」

資格スクール大栄

資格スクール大栄の特徴は、インプットとアウトプットの反復により、知識をきちんと定着させる学習法。
教育化学を取り入れ、持続しやすい受講管理を確立していますので、受講生が挫折したり、だらけたりしないような体制が整っています。
また、出題領域をしっかりと網羅した教材を使っているため、「ほかの資料も参考にする」「必要な情報が見つからない」など、学習中に起こりがちな時間のロスを防ぎます。

資格スクール大栄の口コミ


資格スクール大栄の中小企業診断士講座に関する口コミは見つかりませんでした。

MMC

MMCの講義では、現役で活躍中の中小企業診断士が講師を務めており、充実の個別指導も受けられることが魅力。
コースは6種類存在し、どのコースでも、講義の開催は土日です。平日は仕事が忙しくて通学できないとお悩みのビジネスマンでも、ストレスなく通うことができるでしょう。
利用者からは、「答案添削が充実している」との声が多く、なかには、ほかの学校では学習が定着しなかったけれど、MMCに通ってから合格できたという口コミも存在します。
自分の苦手な領域がわからない、なかなか学習に成果が出ないとお悩みの方におすすめの学校です。

MMCの口コミ


「面談によって学習方針を決めてくれたり、個別の添削や学習アドバイスをしてくれるなど、一人ひとりに合った学習法を提案してくれる学校です。MMCのおかげで自分の弱点を見つけられ、苦手を克服するための学習を行うことができました。」

新技術開発センター

一ヶ月に一、二回の通学で、お仕事が忙しい方でも、心身ともに無理なく通いやすいペースが魅力の新技術開発センターの通学講座。
わかりやすいテキストと、丁寧な添削指導で合格へと導くカリキュラムが基本です。コースによっては、基本カリキュラム+スクーリングのコースもありますので、それぞれの学習スタイルに合わせたコース選択ができます。
なかなか時間が作れずに通学学習を諦めていた方でも、ストレスなく通うことができるでしょう。

新技術開発センターの口コミ


「個別で学習計画や添削の指導を受けられます。添削結果だけでなく教材の内容に関して自由に質問が行える環境が整っているので、安心して勉強を進められますよ。相談会や交流会といったイベントも開催されており、試験まで高いモチベーションを保つことができたのもよかったです。」
「いろいろなサポートが整っているほか、通学の機会もあるため適度にメリハリがつけられます。無制限に質問できるため、安心して勉強できます。」

中小企業診断士資格を取得するメリット

現在の自分のプレゼンスを向上させたいあなたへ

コンサルティング会社に勤務している人なら、今の仕事に直結するという点で、中小企業診断士の資格取得が大きなメリットになるのはいうまでもありません。ただし、資格を取ること自体は目的ではなく、それをビジネスにどう活かすかが重要で、実務の中では主に以下の3点が中小企業診断士のメリットといえるでしょう。

先を見据える人

「企業経営に関してMBAにも通じる知識が身に着く」
「横のつながりが強いため、ビジネス人脈づくりに役立つ」
「独占業務がないため、診断士同士の競合意識が薄い」
このように、中小企業診断士になることで現在携わっているビジネスの多様な拡がりが期待できるというわけです。
また、将来的にはキャリアップや年収アップ、有利な転職に独立開業なども考えうるメリットといえます。

中小企業診断士資格の更新方法について

ビジネス3点セット_手帳とペンと名刺入れ

中小企業診断士資格には有効期間がある

中小企業診断士の資格は有効期間が5年。その際、「理論ポイント」と「実務ポイント」の要件を満たしていないと、更新することができません。
理論ポイントの要件は、理論政策更新研修/論文審査/中小企業大学校の支援人材向け研修のいずれかで5ポイントを取得すること。
実務ポイントの要件は、中小企業に対する診断・助言業務/実務補習のいずれかを30日以上実施または受講すること。
資格取得で満足するのではなく、実務でスキルを活かすことこそ重要だという仕組みになっているわけです。

PagetopPagetop