中小企業診断士講座のニーズ別選び方

中小企業診断士のベストな学習法とは?

中小企業診断士の資格取得を考え始めても、ビジネスパーソンの場合、気軽に始められるわけではありません。それぞれ事情があるはずです。短期間で確実に合格したい人や、資格は取りたいけれど日々の仕事に追われていてなかなか学習時間が取れない人、一人暮らしをしていて生活に余裕があるわけではないため費用を抑えたい人、予備校に通いたくても周りにスクールがない人など。それぞれの事情によって、学習方法は変わってきます。

独学合格は自分をしっかり管理できる人のみ

中小企業診断士の場合、学習範囲も広く、しっかりと勉強時間を取ることが求められますし、できれば経験者やプロ目線でのメリハリある学習によって効率的に合格を目指さないと一発合格は難しいと言えます。そのため、確実に合格を狙うのであれば、やはり独学は避けた方が無難です。独学はたしかに安くすむのですが、それは自分でスケジュールやモチベーションの管理を行うことができ、なおかつ最良のテキストや問題集と出会い、早い段階で力を入れて学ぶべきポイントなどを絞ることができる人だけです。それ以外の人は、何度も試験を受けることになり、試験料がかさんだり、テキストを余分に買い足す必要がでてきたりすることで、最終的に高くついてしまった…ということも少なくありません。

仕事と両立するなら通学か通信講座

そのため、ビジネスパーソンにおすすめしたいのは予備校か通信教育です。そのどちらがおすすめなのかは、その人の事情やニーズによって異なってきます。もし時間に余裕があるのであれば、予備校の体験に参加したり、通信講座の資料請求をしたりしてじっくり検討すると良いでしょう。事情やニーズだけでなく、その人にも向き不向きがあるからです。たとえば、ある人は予備校の授業を体験したところ、その進みの遅さにストレスを感じたそうです。通信講座や独学と違って自分のペースで進めることができませんので、その点をデメリットだと感じたのです。これは実際に受けてみないとわからないことで、メリットと感じるかデメリットと感じるかはその人次第なのです。そういった個人差があるのは否めませんが、一般的にビジネスパーソンに多いニーズを取り上げ、それぞれのおすすめの勉強方法をご紹介しています。

ビジネスマンに多いニーズによる講座の選び方

  1. なにより短期間で中小企業診断士を合格したい方へ
  2. 仕事が忙しくて時間が捻出できない方へ
  3. 中小企業診断士取得にあまり費用をかけられない方へ
  4. 家の近くに中小企業診断士のスクールがない方へ

おすすめの中小企業診断士の通信(映像)講座

診断士ゼミナール

映像
収録
270時間
質問
回数
無制限
価格
54,800円

STUDYing

映像
収録
132時間
質問
回数
オプション
価格
72,900円