仕事が忙しくて時間が捻出できない場合

多忙な人が合格するためにすべきこと

多忙な中で資格試験を目指す人ほど、ただがむしゃらに勉強しがちです。最初のスケジューリングなどの時間が惜しくなり、すぐにテキストを読み込むことを始めてしまう人も少なくありません。しかし、こういう勉強方法の受験者は決まって不合格になっているそうです。

多忙な人こそ意識してほしいポイントが、「スケジュール管理」と「優秀なテキストを見つける」ことです。ダラダラと勉強するのは効率が悪く、学習の順番(科目の)を必ず意識し、スケジュールに沿って学習を行うことが合格への最短ルートなのです。

仕事が忙しくて時間のない人にとって、一番の悩みは「勉強時間の確保」ですよね。決まった時間にスクールに通い、まとめて勉強時間を取ることが難しいため、予備校には向いていません。すき間時間を最大限に利用して学習することのできる通信教育や独学が向きます。

通信教育の利用がおすすめ

すべてを自分で管理できるのであれば独学もいいかもしれません。しかし、忙しい中、時間を割いて勉強計画を立てたり、優秀なテキストを見つけたりしなければならないため、ハードルが高くなります。

通信教育のメリットは安さだけではなく、予備校のように勉強時間が徹底管理されている(決められた時間に通わなくてはいけない)わけではないため、融通が利きやすく、すき間時間を使って小分けに勉強することもできますし、今日できなかった分を明日プラスするということも気軽に行えます。その分、怠けやすくなりますので、自分のスケジュール管理力が試されることになります。

また、必要最低限の教材は用意されているため、一から自分で優秀なテキストを探す必要もありませんし、何から手を付けたらいいのか悩むようなこともありません。必要にして十分なサポートは受けられるのが通信教育なのです。

もし、どうしても独学にこだわりたいという人は、エクセルでスケジュールを管理し、数か月に1度は計画を見直して練り直すことを忘れずに行いましょう。

また、学習順に気を付けながら、自分に合ったテキストで学習してください。その際は、過去問を積極的に解くことを忘れずに!

中小企業診断士の通信講座一覧

ただし、時間がないといっても、夜だけは時間が空くなど、予備校に通う時間が取れそうで、お金に余裕がある人はスクーリングもひとつの選択肢としておすすめします。

中小企業診断士の資格スクール一覧

おすすめの中小企業診断士の通信(映像)講座

診断士ゼミナール

映像
収録
270時間
質問
回数
無制限
価格
54,800円

STUDYing

映像
収録
132時間
質問
回数
オプション
価格
72,900円